あなたの番です その14

一週空いて、今夜、第14話!

楽しみです

 

ここまでで気になっていたこと

・菜奈ちゃんの「朝男について、どうしても許せなかったこと」が不明なままだ。翔太との出会いのシーンを伏線だとすると、「ミステリーのネタバレをすること」の可能性があるかも。だとすると、「最後にそれを知って翔太が号泣」か「実は菜奈ちゃんは最初の翔太のそれを許せずに、ずっと恨んでいた(殺害を企んでいた)」ということが…。

・前回、翔太が田宮にサインを頼んでいたシーン、サインをもらえていれば筆跡と指紋の採取ができた。あの場面ではもらえずじまいだったけれど、後から「(あの後、改めて頼んだので)そういえば田宮さんの筆跡と指紋、調べられるよ」って、早く言ってよ!っていうタイミングで翔太が出してきそうな

・蓬田は全居室が開けられるマスターキーの存在を知らないのかぁ

・「ジュリアに傷心」は吾郎じゃなくて、床島(か、尾野)の持ち歌なのか。あの曲をかけたのは何らかのメッセージなのか?

 

予告を観て

・菜奈ちゃんの死亡推定時刻は発見の20数時間〜30数時間前と言われていたが、それだと一日面会に行っていないことになる。

翔太が看護師さんに「翔太君が寂しがるから」と菜奈ちゃんが言っていたと聞かされるシーンがあるのだけれど、そんな菜奈ちゃんが丸一日面会に来ないことを看護師は不審に思わなかったのだろうか。確か、菜奈ちゃんは看護師に翌日も来ると言って面会を終えていたような記憶もあるし。

菜奈ちゃんは司法解剖されているけれど、死亡推定時刻を偽装する何かってあるのかなぁ。そもそも、最後の通話を調べているんだし、当然最後の面会も調べているはずではあるけれど。

第1章最終話では、菜奈ちゃんが帰った翌日、翔太が目を覚まし帰宅して菜奈ちゃんを見つけたような流れになっている。「菜奈ちゃんの来なかった一日」が“なかったかのように”演出されているのか(後日、空白の1日の出来事が明かされるのか)、本当に丸一日の空白はなくて、死亡推定時刻にトリックがあるのか、気になる。

“なかったかのように”演出は、文章でいう叙述トリックみたいなものか。

・総一は、犯人ではなく探偵の方か?

今のところ探偵は、翔太、木下、南と、その協力者として二階堂、黒島、蓬田。死亡退場の菜奈ちゃんと浮田も含めると、8名。総一も含め総勢9名の多すぎる探偵がいるという展開は、どうだろう。木下の「これは私の事件」という台詞から、探偵らが各々互いを疑い牽制しつつ、事件に近づいたり遠のいたりするという展開。

「探偵が多すぎる」というタイトルの小説があったと思うので、そのオマージュ?

・田宮さんがオロオロしているのは、妻と若い愛人(未満)の対決シーンだろう

・翔太が駆けつけた久住の病室の先客は南?アロハにTシャツっぽい服装が見切れていたけれど

 

あと、なんだっけなぁ