あなたの番です その16

田宮の元に届けられた「甲野」の名札

・あの名札が本物なら、警察か遺族の手元にあるはず。事件直後に菜奈か翔太、殺害実行犯が取っていたとも考えられるが、甲野は名札をつけていなかったため、仮にポケットなどに入れていたとしても、短時間に名札を取ることは難しいと思う。取っておく理由もないし(殺した相手の記念品を集める殺人犯なら別だけれど)

・甲野は名札をつけていなかったので、血が付いていることも不自然

・従って、名札は偽物

・名札が偽物なら、甲野の死を望んでいたのが田宮だと知る者なら、誰でも脅迫は可能だ

・知っていたのは、菜奈(死亡)、翔太、黒島、二階堂。或いは、交換殺人ゲームの推移を観察している黒幕(いるならば)

・田宮を脅迫することで事態が動き、菜奈殺害犯の手がかりを掴めると考えた翔太の計画に、二階堂が賛同したと考えられる。宅配便業者を装ったのは二階堂。二階堂がかなり翔太に共感しつつある。

・田宮への脅迫が翔太らによるものだとすると、交換殺人ゲームを進めたい黒幕は既にいないか、進めたい動機を失っている(自分の殺したかった人間が既に殺されている)

 

田宮は脅迫に屈するか?

・脅迫者が翔太なら、犯行に及ぶ前に事実が明かされるだろう

・脅迫の件は田宮は警察に届け出ても問題はない。既に退職しており、甲野の件は会社では噂になっているので、自分自身隠したいことはない。交換殺人ゲームのことも警察に知られており、住民としても隠さなければいけないことはない

 

赤池浮田、菜奈殺害犯のプロファイル

赤池夫婦殺害に理由があり、浮田、菜奈については自分の犯行だと感づかれたための犯行だとするなら、同一犯

・何れの場合も被害者の顔に笑みが作られていたことから、同一犯

・上の理由では、「動機」があって赤池夫婦を殺害し、犯行を隠したいために浮田、菜奈と殺人を重ねた「合理的な理由のある殺人者」になる

・下の理由では、犯人は殺人嗜好性のある人間となり、快楽殺人犯の可能性が出てくる

・ただ、3名とも殺害方法が異なっていることに不審を覚える。赤池、菜奈の殺害方法は演出があり、浮田にはない。浮田だけが口封じのための殺人で、菜奈には菜奈であるが故の理由があったのか

 

児嶋佳世の遺体

・山際と児嶋佳世の遺体だけが損壊されている。山際については「身元の特定を遅らせるため」という理由が判明。これが、そういう理由で早苗らが行ったとわかる前には、山際と児嶋殺害犯が同一の快楽殺人者の可能性もあったと思う。児嶋佳世の遺体の損壊の動機が未だ不明。宅配便を頼んだのは若い男性

・児嶋佳世が赤池夫婦、浮田、菜奈殺害犯と同一の人物に殺害されたと考えると、足しか届けられていないことに違和感を覚える。遺体の笑みは犯人によるメッセージ或いはサインだと思うので、頭部が隠されるのはおかしい。足以外が氷漬けで発見され、顔は微笑んでいたという展開もありか

・児嶋佳世は交換殺人ゲーム分岐上の殺人の可能性がある。ゲームでノルマを果たしたことは周知しなければならないが、死体という物証は警察には渡したくない。ゲーム参加者は自分の次の殺人者は誰かわからない。児嶋佳世を殺したとマンションの住民に知らせるために、死体の一部を夫に送るのは理にかなっている

  

尾野は二階堂にどうアプローチするのか

・翔太にしたように食べ物を渡しても、二階堂は食べないどころか受け取らないと思うが、尾野なら無理矢理にでも渡すだろう

・もし翔太が「自分は食べた」「食べないと失礼だ」と言った場合、二階堂は尾野に渡された食べ物の成分分析をしないだろうか

・尾野が翔太に一服盛っていたとしたら、二階堂へのプレゼントにも盛ってあるはず

・翔太が一服盛られていた場合、翔太の「尾野の部屋は普通だった」がますます怪しくなる

 

引っかかること

・脅迫を受けて山際を殺害した早苗は、脅迫をやめさせるには死体の身元は早く割れたほうがよかったはずだ。何故、身元を隠すため頭部を切断し、隠したのか

・江藤が赤池幸子の言う「あの子」を自分ではなく菜奈だと言ったこと。赤池幸子が「あの子」について詳細に語った場合、自分だとわかると困る何かがあるのか