あなたの番です 最終回

終わったー

 

よかった点は、菜奈ちゃんのウエディングドレス姿

このシーンで、最終回の粗の諸々が浄化された感じです

動画の菜奈ちゃんも、スマホ撮影の粗い平板な映像なのに、他のどのシーンに劣らないいいシーンでした

二階堂の嘘を見抜いた翔太も、決して冴えているわけではなくて、二階堂への信頼にゆるぎがなかったから、黒島に対する決断も翔太の人間性にぶれがないからで、シンプルだからこそ強い翔太、そのものでした

マンションの住民の皆さん、並びに関係者各位の熱演ももちろんですが、主演のお二方の力量がドラマを決した感がありました

 

最終回の粗の諸々というのは、「実はこうでした」という事実が叙述トリックでもなく、「映像の偽り」であったこと

内山の虚偽の自白での回想シーンは、浮田についてはちゃんと嘘の可能性を残していたのに、児嶋・赤池では実行犯しか知り得ない新たな映像が流れるなど(当事者視点の映像なので、誰かはわからない余地を残してはありましたが)、どうかなぁ、それって思うところもいくつかありました

 

時間拡大でもなく最終回で全容解明するには犯人による自供しかないわけですが、黒島の人間性を十分伝えられていないことも残念でした

黒島は翔太に対しては露悪的に振る舞い、殺されようとしていました

二階堂が「聞いてほしい」と訴えた黒島の本当の気持ちは、二階堂しか知らないのでしょう

黒島が二階堂に求めたのは共犯になること、自分と同じ人間になることではなく、翔太側の人間として自分を殺してくれることだったのだろうと思います

黒島の翔太への挑発は翔太を試すだけではなく、二階堂へも向けられた彼女の苦悩の叫びだったのではないでしょうか

黒島が自分という人間の事実を二階堂に伝えるシーンを敢えて描かず、翔太を挑発する悪人としての黒島と、黒島を救いたいと訴える二階堂の間に黒島の隠された心を伝える演出だったと思うのですが、それはちょっと黒島と二階堂には難しかったのではないかなぁと思います

翔太にお人形のように抱えられる黒島の姿はとてもよかったので、あの静の表情の前の狂気の黒島がもっとえげつなかったらよかったなぁと思いました

看護師桜木の常軌を逸した行為が純粋な愛情であったことや、狂気に徹した尾野との対比も面白かったはずなんですけど、そういうところも伝わらなかったかなぁ

 

マンション住民それぞれの後日も良かったです

菜奈ちゃん、翔太の愛以外にも、様々な愛がありました

それも、普通ではない愛(菜奈ちゃんと翔太もそうですね)に溢れたドラマでした

その中で翔太の言った「本当の愛は人の愛を傷つけない」は、陳腐でありながら至言だったと思います

 

ラストシーンは江藤の仕業だなというのはわかりますが、どういう動機なのか、いつから関与していたのかが不明のままです

その辺りは正解があるわけではなく、続編があるわけでもなく、トリッキーに終わるというあな番のお作法の範囲かなと思います

また、幸子の死は全て知りながら黒島を放置した罪の応報、美里の死も幸子の殺害を企てた罪の応報、管理人の死も異常者を利用して利益を得ようとした罪の応報と、この三人がいわば黒幕のように描かれています

マンション住民および関係者の再出発、黒島という存在の弱さへの弁明のようですが、かなり唐突ですし、蛇足感が否めないなぁと感じました

 

と、まぁ、不満もありますが、かつてのジェットコースタードラマが妥当性を持って戻ってきたようで楽しかったです

ありがとうございました!